その日暮らし

精神的その日暮らし

虚言症(後編)

虚言症と言って良いような人は初めてだけど、
思い起こせばこれまでも、よく嘘をつく人というのはいました。
なんかレベルの高い彼氏がいるって言う中学生とか・・・。
私は疑り深いわりに、そういうの信じてしまうので、


「そうなのか・・・すごいな・・・でも人間としても女性としてもあまり魅力のないこの人にそんな彼氏できるのかな(激失礼)


半ば疑問に思いつつも、繰り返し彼氏自慢をされるので、
信じていました。
大人になった今は分かります。
あれは嘘だ。
そんな男いるわけない。
違和感があったから、今でも鮮明に記憶しているのでしょう。
一緒に聞いていた友達は、どう思っていたんだろう?

 

彼氏自慢は他にもいて、
明らかに本当のこと言ってる子もいたけど、
ビミョーな子もいた。
でもこれは、罪のない嘘でしょう。
すごいねーと信じていた私は、きっと彼女たちの心を癒していた・・・はず。

 

私だって時々嘘をつく。
身を守るために。
でも、できるだけつかない。
不器用なので、すぐにボロを出してしまうから。
だから、できるだけ嘘はつかない。
ただ、事実を巧妙に隠すだけ。
ボロが出ても、言わなかっただけだから、悪くは思われない。

 

嘘が絶対悪いわけじゃない。
でも職場ではやめてほしいし、上の立場(社長の息子)が嘘つきは完全アウト。
治すことはできない、
まわりが気を付けて付き合うしかない、ということで、
仕方ないよなあー。
ま、これも人間観察のまたとない素材ではあるという楽しみ方ですね(ポジティブ)。

 

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix