その日暮らし

精神的その日暮らし

わんこもふもふ

3月頃、だんだん犬が臭ってきたので、丸洗いすることにしました。

相方が風呂場に連れていき、自分も濡れながら押さえつけての体力勝負。

犬はたいてい洗われるを嫌うので、じたばた抵抗します。

なんとか終わったらタオルで拭いて、後は外で自然乾燥。

嫌な思いをして疲れきった犬は、ぐったりした表情で地面にへばっていました。

 

 

さて、その頃から、犬の毛がものすごい勢いで抜けるようになりました。

最初は洗ったせいかなと思ったのだけど、それに加えて春先の毛が抜け替わる時季と重なったのか?

とにかく猛烈に抜ける。

毛が多い犬なので、ものすごい。

日中は外につないでるので、あちこちに毛の塊が転がり、

うちの犬は拾い食いのクセがあるため、自分の毛玉を食べ、むせる。おバカ・・・。

他のゴミと混ざり、風でフワフワ転がって行く毛玉。

夜は家の玄関に入れるのですが、いたるところ毛まみれ。

玄関の土間には毛の塊が転がり、玄関を上がったところも毛だらけ、

隣接した部屋にもフワフワ毛が飛んでいき、毛だらけ。

犬を触ると私たちの服も毛まみれになる。

粘着テープが巻かれたコロコロ転がすだけで掃除できる用具で、服の表面の毛を取るのだけど、

取り切れず、家の奥まで毛が落ちている。

犬をかまっていると、ぶわーっとあたりに飛びまくる大量の毛。

「これ吸いこんで、私たちの肺は大丈夫なの?」

不安になるほどすごい。

本当はマスクをしたらいいんだろうけど・・・忘れてしまう。

 

 

これがずっと続いたら困るなーと心配していたのだけど、

4月半ばくらいでようやく落ち着いてきました。

室内飼いの犬でこれだったら大変だろうなー。

義母が以前飼ってた犬のうち一匹は、毛が多かったけど、いったい家の中はどうなっていたのか・・・。

毛の生え変わりって、年に何回あるのかなあ・・・。

生き物を飼ってると、いろんなことが起こります。

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/ http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

広島の女性はストレスが少ない?

「ストレスが少ない」都道府県ランキング女性編!2位広島、1位は?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190514-00202220-diamond-soci

 

うーんいまいち首肯できん。
女性のストレスが少ないのは、ダントツ一位が鳥取で、二位が広島?
本当なら嬉しいけど、実際よそと変わらないでしょ。
根拠がなさすぎる。
カープ女子でもてはやされてるから?
広島は確か、女性の健康寿命がワーストかそれに近いんじゃなかったっけ。
ガンの発見率も男女とも高かった気が。
(ただ、これは発見される率だったと思うので、最もガンになりやすいというわけではないのだと思う。てか、最もなりやすいなんて絶対イヤだ!)
崩れやすい土壌なのに、山を分け入って住宅地があるから、
土砂災害も多いですよ。
危険地域が全国ワーストだったはず。
悪いことばっかり書いてみた。
でも広島は住みやすいのは間違いない。
適度に都会、適度にイナカ。
オシャレなショップもたくさんあるけど、自然もたっぷりある。
高速道路はわりと充実しており、
新幹線を使えばちゃちゃっと東京大阪に行ける。
プロ野球チームもプロサッカーチームもあり、交響楽団さえある。
人間関係は、適度に団結、適度にドライ。
地域差はあるとはいえ。
一言で言えば、住みやすいと思う。
とはいえ、やっぱりこのランキングはよく分からん。

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

田植え13日目

f:id:kamonegi1002:20190514162833j:plain

田んぼまわりに張り巡らされたキラキラテープが、
一日中揺れ続け、キラキラし続けているので、
常に外が騒がしい感じ。
あと実際に、夜になると、
カエルの大合唱が家の周囲から湧きあがり、
普通に騒がしい。
台所の勝手口の窓には、カエルとヤモリが張り付いて、お食事するようになった。
当分の間、勝手口から出入りできない。
新聞取りに行くにも、遠回りしなきゃならない。

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

 

わんことマダニ(後編)

犬につくマダニに悩んでいた私たち。
そうだ、動物病院で相談してみよう、と予防注射のついでに聞いてみたら、
すごい薬をもらいました。
これひとつ食べれば、犬の体表面を薬が流れるようになり、
マダニ(ノミも)が取りつくと、その薬を吸うことになってしまう。
そしてマダニは死んでしまうのだそうだ。
それだけでもすごいのに、
ひとつ食べるだけで3ヶ月も効果がもつと言うのだよ。
ウソっぽすぎる。
通販なんかだったら、絶対信じない。
しかしこの薬は、信頼できる動物病院でもらったのだ。
ウソなわけがない・・・はずだ。

 

とりあえず、エサに混ぜて食べさせてみました。
最近の薬は、犬が嫌がらないよう、おいしい味がついているそうだし、
うちの犬は食べ物に対しては気が狂ったようになるから、
あっというまに平らげるだろうと思ったのだけど、
そこはやっぱり犬で、薬だけ避けつつなかなか食べない。
フードをすべて平らげてから、薬を口に入れては出し入れては出し。
こちらは食べてもらわないと困るので、じっと見守る。
入れては出し入れては出し。
だめかなあと思っていたけれど、ようやく完食してくれました。
さあ、本当に効果があるのかな・・・?

 

数日後。
「すげえ」と相方が言います。
「犬の寝床に、死にかけたダニが落ちてた」
なんと!
犬に取りついたマダニが薬を吸って瀕死状態になっていた!
その後もしばしば、寝床にダニの死骸が落ちるようになりました。
すごい薬だな。
取りついただけでマダニを殺すなんて、
超人のようなすごい犬になってしまったものだ。
スーパーサイヤ人にかけて、
「スーパーわんこ」と私たちは呼んでいるところです。
オレに近づくとヤケドするぜ・・・(※メスだけど)

 

これで犬も人間も元気でいられれば・・・いいな。

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

わんことマダニ(前編)

犬にマダニがついて困っています。

 

マダニのことを考えるとゾッとする。
12年前の4月、結婚直後の環境急変で知らないうちに疲れていたわたくし、
マダニ媒介と思われる高熱に一週間うなされ、
本当に苦しかった。
体に赤い斑点が出ているのに気づいて病院で言ったところ、
「マダニのせいかもしれない」と抗生物質を出してくれてようやく熱が下がったけれど、
その判断がなかったら、どうなっていたことか・・・。
だからマダニと聞くと恐ろしくて仕方ない。

 

しかしここは田舎。
野生の鹿その他が跋扈し、
マダニがそこらじゅうに生息する農村地帯。
畑や草むらに行く時は、完全装備するわたくしですが、
犬はそういうわけにいかない。
フンフン草むらに鼻先を突っこむ。
やぶに飛びこみたがる。
帰宅して見ると、目のまわりに小さな黒いものがついている。
奴だ。マダニだ。
毎日毎日つく。

 

犬についたマダニが人間について、病気をうつされるのはもちろん怖いけど、
実はうちの犬自身にも、マダニ媒介の病歴があるのです。
放置すると死んじゃうこともあるらしい。
もう治っているのですが、
こんなにマダニがつくようでは、いつ再発するか分からない。
相方は毎日、こまめに犬の体表を調べてマダニ探しをしているけど、
毛が長いタイプの犬なので、見落としは絶対あるだろう。
困った。どうしたものか。

 

後編に続きます。

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix