その日暮らし

精神的その日暮らし

草戸千軒ミュージアム・その4

実物大模型のある部屋の、壁際の展示で、
最も印象に残ったのはこれだな。
タイトル「犬を食べていた中世の人たち」

f:id:kamonegi1002:20210306155517j:plain



草戸千軒の遺跡から犬の骨がたくさん出土し、
最初は犬が好きでペットとして飼っていたのかなと思いきや、
体がばらばらになっていたり、骨に傷があったり・・・
どうやら犬を食べていたのではないか、という話。

 

まあ確かに、犬はそこらにたくさんいただろうし、どんどん増えるし、
噛んで怪我させられたり、狂犬病を移されたりする危険もあるし・・・。
分からんでもない。
しかし、ではなぜ、時代が下ると犬を食べるのをやめたのか?という疑問。
羊頭狗肉」という言葉からは、
犬は少なくとも羊よりは美味しくないということが読み取れる。
美味しくなかったから?
ペットもしくは番犬として立場が上がったから?

 

草戸千軒遺跡の実物大模型以外にも、
こちらには多くの展示があります。
通史展示室である「瀬戸内の歴史をたどる」には、
県内各地の出土品や資料が、時代順に展示されています。
企画展示もあります。

 

弥生時代は、紀元前3世紀から紀元後3世紀、と習ったのだけど、
現在の研究では、もっと古くから弥生時代は始まっていたとされてるんですね!
確か紀元前1000年くらいからだったかな?
研究が進んで歴史も変わっていくから、ぼーっとしてるとチコちゃんに叱られる

 

この博物館。地味と言えば地味だけど。
この内容で290円は確かに安いわ。
企画展込みで290円。
「ちゅーぴーカード」(中国新聞)の割引使ったら、さらに安くなった。
申し訳ない気持ちになったわ。(だったら使うなよー)

 

たまにはこういう、大人の学びも良いですね。

 

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

草戸千軒ミュージアム・その3

暗いと書いた屋内は、こんな感じです。
写真はちゃんと撮れるんよー。絶妙でしょ。
生活道具や商売道具が所狭しと置かれており、食事の支度もしてあります。

f:id:kamonegi1002:20210304205850j:plain

 

f:id:kamonegi1002:20210304205904j:plain

 

f:id:kamonegi1002:20210304205919j:plain

 

入口の高さが低い・・・。
戦国武将も、現代日本人と比べて、結構背が低かったらしいから。
当時の庶民にはこれでちょうど良かったのだろうか?

 

夜は真っ暗な生活だったのだろうなあ。
治安の問題もあっただろう。
魔物や妖怪も見えたかもしれない。
家の中はじめじめしていたかもしれない。病気になったらどうだったろう。
窓や戸は、板やむしろで覆われていただけだったのだろうか。
冬は寒かっただろうなあ。
いろんなことを考えます。

 

 

続きます。

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

草戸千軒ミュージアム・その2

写真が大きいので、何回かに分けて載せたいと思います。

 

橋を渡って中に入っていくとこんな感じ。
実物大はいいね。まさにタイムスリップ。

f:id:kamonegi1002:20210302172525j:plain

 

 

穀物・野菜売りのお店。

f:id:kamonegi1002:20210302172536j:plain

展示室の真ん中にこの町並みがあり、
展示室の壁際にはずらっと、様々な道具が展示されています。
銭がいっぱい入った壺が気になった!

 

壁側から、町並みの裏側を見ると、こんな感じ。

f:id:kamonegi1002:20210302172610j:plain

どこから見られても大丈夫!家の裏手だって手を抜いていません。

 

鎌倉から室町時代にかけて栄えた町の遺跡を元に再現したものだけど、
設定は南北朝時代の初夏の夕暮れどき。(パンフレットより)
そう、なんか本当にそういう空気だった。
音楽ではなく、セミの鳴き声をBGMにしてほしいくらいだった。
先日アドレスを貼った記事によると、照明にも工夫しているそうですが、
言われてみれば確かに!
屋外の、初夏のたそがれの空気もよく出ていたし、
屋内の、すごく暗いのに、置いてある展示物は結構はっきり見える、
そのさじ加減が上手いと思った。
(ほんと、屋内に入った瞬間は「暗いな!」と感じる。中世の人はこんな暗い家屋で生活していたのかあ)

 

 

続きます!

 

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

草戸千軒ミュージアム・その1

先日、SNSで、こんな素敵な博物館があるよ、というネタが流れてきました。
南北朝時代の庶民の町並を実物大で復元したというもの。
写真を見ると、本当にすごい!
(その展示室のみ撮影OK)
こんな博物館が日本のどこかにあるのか~。
でもどうせ遠くで、行かれっこないよな~。
と思いながら読んでいたら、なんと広島県福山市とあるじゃないですか!!
えー!!そんなところがあったんだ!

 

それがこちら。
「草戸千軒ミュージアム広島県立歴史博物館)」
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/rekishih/

 

お隣の美術館には行ったことあるし、
このあたりは何度かうろうろしたことあるよ!
でもここには行ったことなかったわ。

 

ちなみにこちらが、SNSで話題だということを扱った記事。
https://news.yahoo.co.jp/articles/9cd3afa5ce764f3438f2ef2109bbacf8241e21d9
この方は、漫画「落第忍者乱太郎」と絡めて興味を持たれたそうで。
室町時代後期が舞台の漫画ですもんね。
記事では「もののけ姫」にも絡めてますが、
室町時代と言ったら「麒麟が来る」も関係あるでしょう。

 

というわけで行ってきました!!

 

f:id:kamonegi1002:20210228174513j:plain

 

どーん!!

おおっ!!SNSで見たまんまや!!迫力ある!!

 

 

続きます!!

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix

ワクチン

コロナのワクチンって、2回接種が基本なんでしょ?
だけど量が確保できないから、1回接種でも大丈夫!って無理にこじつけて、
1回にしようという議論が出てるんですよね?
個人的には、
「1回だけの“なんちゃって接種”で、“なんとなく免疫”ができたよ~」
っていう日本にありがちな表面的な平等主義ではなく、
ゆっくりでも着実に2回接種で、きっちり免疫を広げてほしい。

 

自分については、順番はかなり後になるでしょうが、
歯医者の麻酔で激しい動悸に見舞われたことがあるので、
ワクチンちょっと怖いのが本音です。
最初、気のせいかと思って、治療中は我慢してたけど、
終わっても動悸が全然収まらなくて、待合室のソファーでしばらく寝かせてもらったのだ・・・。
ただ、同じ歯医者で他の時に麻酔した時は、
全然なんともなかった。
だからよく分からない。
動悸に見舞われた時は、生理痛の痛み止めを朝食時に飲んでいた可能性があるので、
その薬との相性が悪かったのかもしれない。

 

でもこれ、ワクチンに不安があるから、特に不平不満を聞かないけど、
そうじゃなかったら絶対に、
医療従事者や高齢者が先なのはずるいとか、うちよりあそこばかり優先されるとか、
そういう批判が燃え上がっていただろうな~。
みんな、先に受ける人たちに実験してもらおうくらいの気持ちなんだろうな。
変な批判が燃え上がるより良いとは思うけど、
それはそれで・・・なんだかなあ・・・。

 

 

 

↓↓広島ブログ、参加してます。一日一クリックお願いしま~す(^^)/
http://www.hiroshima-blog.com/wj.php?cd=01ix